スポンサーサイト

  • 2009.03.15 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログ引越しました。

ブログのURLが変わりました。
お手数をかけて申し訳ありませんが、
こちらにアクセスして下さい。
よろしくお願いします。

グダグダ2

2月8日日曜日もネットをしたりしていました。
もう本当にダメ人間・・・・・。

グダグダ

2月7日土曜日は、ネットをしたりしていました。
何だかダラダラしていたように思います。
やらなければいけないことがあるだろ。

転職支援サービス&求人見つからない

2月6日の金曜日は10時ちょっと前に起きてしまいました。
あ〜やばいと思いました。大学を卒業した後の「就職浪人」
の時期に、父に
「働いている人は8時ぐらいから仕事をしているんだから
8時ぐらいにはもう起きていないとダメだ」と言われたので
今とか仕事を探していた時期は8時には起きるようにして
いました。土日はそれより遅い時間に起きる日が多い
ですが。

で、2月6日の話に戻りますが、急いで朝ご飯を食べてヒゲを
剃って歯を磨いてから転職支援サービスをしている会社の
キャリアアドバイザーの人にメールを送ろうと決めていました。

僕は2、3社ぐらいの転職支援のサービスに登録しています。
具体的にどのようなことをしてもらえるのかというと、
専門のキャリアアドバイザーと呼ばれる人(他の転職支援
サービスをしている会社によっては
「キャリアコンサルタント」と呼んでいる会社もあります)
が求人を紹介してもらったり書類の書き方や面接等の対策
をしてくれるサービスなのです。僕は書類の書き方や面接
に自信がないので、このサービスは便利ですが、
ハローワークでそういうことをしてくれるのがあって、
僕もそれを利用しているので、書類の書き方や面接に
関するサポートだけだったら、使わないと思いますが、
求人の紹介をしてくれるので、応募出来る求人は、
少しでも多くなればいいと思って、このサービスを利用
しようと思いました。ちなみに雇用保険のことを書いて
いる時に出てきた「人材紹介会社」もこれにあたります。

では、具体的に利用するにあたっての流れというのは
どういうものなのかというと、まず、会社のホームページの
中に登録のページがあるので、そこで登録の際の必要事項を
記入します。具体的にどのようなことを記入するのかというと、
名前、年齢、住所、学歴等のプロフィール的なものとか、
職歴とか経験した仕事とかです。その後遅くても一週間
ぐらいで担当のキャリアアドバイザーの人から連絡が来ます
(早いので登録した当日に連絡が来る会社もある)。その後、
職務経歴書や求人に関する希望等を書く書類を添付して提出し、
会社まで足を運びどういった求人を希望しているかということを
担当のキャリアアドバイザー(あるいはキャリアコンサルタント)
の方と話(面談)をします。で、足を運ぶ会社(事業所)の場所
なんですが、例えば宮城県に住んでいる人が東京まで来て下さい
なんて言われたらちょっと大変ですよね。なので、東京に本社が
ある会社で、登録者が住んでいる地域に事業所がある場合はその
地域の事業所でいいんですが、ない場合は電話で話をさせてくれる
ところもありますが、本社に行かなきゃいけないというところも
あります。で、面談の時に登録者の希望に合った求人の紹介を
してくれます。ない場合は紹介出来る求人がありましたら、また
連絡しますと言われます(電話で話をする場合はその電話の時に
言われます)。求人があった場合は、書類の書き方のアドバイスを
してくれたり、面接対策をしてくれます。

で、何故複数なのかというと、登録をしてすぐに紹介ををして
もらえる求人がなかったり、あったとしても僕の希望する条件と
合わなくてまた求人が見つかりましたらご連絡しますという
メールが来たりします。で、別な会社で同じサービスをしている
ところに「もしかしたらいい求人を紹介してくれるかも・・・」
という淡い期待を抱きつつ登録します。今のところ僕の希望に
ピッタリという求人はありません。なので、転職支援サービスの
キャリアアドバイザー(あるいはキャリアコンサルタント)
の人の紹介を通じて実際に応募した求人はありません。
こういう状況なのは、現在不況だからなのだと
思います。

で、また2月6日の話に戻りますが、メールを送る会社は
担当のキャリアアドバイザー(この会社ではそう呼ぶ)の
人からお願いされた書類の提出を終え、僕の希望に合った
何件かの求人の求人票がメールで来たので、その返事の
メールを送ろうと思っていました。書類を書いて下さい
というメールをもらってから、書類を作成する時間を
作りにくかったので、一週間かそれ以上くらい時間が
経ってからの提出となってしまいました。書類を
メールに添付して送る時にそのお詫びの文言も
加えました。

メールを送った後、ハローワークに行って求人を
探しましたが、いい求人はありませんでした。
なかなか見つからないなあ。ハローワークでも転職支援
サービスでも転職サイトでもいいから早くいい求人を
見つけたいなと思いました。

午後は「ジョブクラブ」というものがあったんですが、
これは、ハローワークが運営しているもので、25歳
から34歳までの仕事についていない人が対象で、
面接対策とか専門のカウンセラーの人と就職活動に
関する相談をしたりすることが出来るものです。
これは3ヶ月間と期間が決まっており、月に何回か
行われます。これは、前半に書きました「ハローワーク
で書類の書き方をアドバイスしてくれたり面接の対策
をしてくれるもの」の担当の職員の方がすすめてくれて
申し込みました。以前にも、ハローワークが主催する
ワーク(面接対策とか電話のかけ方とか)について
「やってみない?」とすすめられたことがあります。

で、このジョブクラブなんですが、午後に行われること
が多くて、1月から始まっているのですが、午後は、妹
がいるので、なかなか言い出せません。何でそんなのに
行ってくるのと言われそうだと思ったからです。最初
の方は行けない日は、担当の人に「行けません」と
電話で断っていました。ちなみに担当の人は、
「行けない場合はいいですよ。電話だけもらえればいいです」
とおっしゃて下さいました。しかし、だんだん
連絡さえしなくなりました。一回だけ行ったことが
あります。それは、妹が出かけている時です。この時は、
カウンセリングをしました。時間に遅れてしまい、
遅くなって申し訳ありませんと謝ったのですが、いや、
いいですよと言って下さいました。自分の悩みを打ち明け、
そして、アドバイスをもらうことが出来てうれしかったです。
で、今日も連絡さえせず、行きませんでした。

まだまだ、問題だらけです。自分から直そうという気持ちが
なければ、無理だと思います。

雇用保険

昨日(木曜日)は雇用保険の認定日でした。

僕は会社を辞めて、何日かしてから、
前の会社の社長に電話して離職票を
送ってもらったのですが、離職票には
退職理由が「退職勧奨」となっていました。
これは、文字通り退職を奨められたという
ことです。実際に社長に辞めろと言われた
時はありました。電話をする時に、ああ、
電話するの怖いなあ、もし僕が電話した
ってなったら何でこいつから電話が来る
んだみたいな反応をされるだろうなあと
思いました。電話をすることになった
のは父に言われたからです。なので、
しないと父に怒られるという思いから、
勇気を振り絞って電話をしました。社長
は割と普通の感じだったと思います。

そして、何日かした後、僕はハローワーク
の雇用保険の相談とかが出来るところに
相談したら、相談した担当の職員の人は、
離職票の退職理由のところを指差して
「こちらに間違いないですか?」と
言いました。それに対して僕は、はい
と答えました。雇用保険をもらうことが
出来ました。

それで、何もしなくても、雇用保険を
もらえるということでは、ありません。
雇用保険をもらう条件の一つとして、
「就職をする気がある人」というのが
ありました。最初に説明会に出なければ
いけません。それと、求職活動の内容を
記録しなければならないのです、
ハローワークの求人の応募に関しては
紹介をしてもらった時に職員の人が受給
資格者証にハンコを押してもらいます。
それで求職活動をしたという証拠が得られる
のです。他には、民間の職業紹介会社から
求職活動に当たるそうなのです。あと、
ハローワークでも民間の職業紹介会社でも
ない求人に応募した場合も求職活動になります。
決められた用紙にそれを書いて、認定日と
言われる日に雇用保険の相談とかが出来るところ
に行き、提出をします。

では、認定日といわれる日に具体的に
何をするのかを説明します。まず
受付の人に用紙と受給資格者証という
ものを渡します。

受給資格者証というのは、雇用保険
をもらっているということを証明
するものです。これがあれば雇用
保険をもらっている人限定のところで
求人の検索をしたり紹介をして
もらったりすることが出来ます。紹介

その後名前を呼ばれるまで待ちます。
名前を呼ばれると職員の人に新しい
求職活動の内容を書く用紙と、「認定
しましたよ」ということとか、もらう
日数とか残りの日数が印字された受給
資格者証をもらいます。で、次の認定日
が伝えられます。つまり、雇用保険を
もらう人を受給資格者証や求職活動の
内容が書かれた紙を見て認定し、その後、
銀行の口座にお金が振り込まれるという
わけです。認定の日に雇用保険の相談を
したりするところに来なければ雇用保険
はもらえません。

前に雇用保険をもらえる人限定で求人
の検索とか求人の紹介をしてもらえる
ところで、雇用保険の相談をしに行った
ところ、一月の末で雇用保険をもらえる
期間が終わりだったと記憶しているので、
ああ、もう終わりかこれからは
めちゃくちゃ気合入れていかないとなあ
生半可な気持ちじゃダメだと思って
いました。そして、僕の名前が呼ばれ
僕の名前を呼んだ職員の人のところに
行きました。で、次の認定日は3月5日
ですと言われました。あれ?と
思いました。受給資格者証を見て更に
あれ?と思いました。残日数がまだ
ありました。あれ〜おっかしいなあと
思いながら、雇用保険をもらえる人
限定で求人の検索とか求人の紹介を
してもらえたりするところに
行きました。

で、求人を見ましたが、
良い求人はありませんでした。

まだもらえる期間があるからといって
気を抜かず精一杯頑張りたいと思います。

分かりにくい言い方とか説明があったら
ごめんなさい。

僕は、前によく行っていたチャットの人に、
「僕は神戸に本社を置く派遣会社で正社員のプログラマーとして働いている」
と言っていたのですが、それはウソです。

その会社からは内定を頂き喜んでいたのですが、勤務地が気に
なっていました。僕は、一人暮らしをする自信がないというただ
それだけの理由で、仙台での勤務を希望していました。で、勤務地の
ことに関して採用担当者の人に電話で質問したところ、中途では仙台で
働けるが、新卒は、入社して何年かは関東で働くとのことでした。僕は
既に大学を卒業していたのですが、新卒と同じ扱いで採用してくれました。
僕は採用担当者の返答を聞いて、内定を断りました。せっかく受かった会社
なのにもったいないという気持ちはありました。

それから、何社か受けましたが落ちてしまいました。そして、おととし
平成19年8月の終わりごろ、僕は仙台市内にあるホームページ制作の
会社の面接を受けました。面接の時点で採用が決まりました。WEB系の
プログラマーとしての採用でした。

ホームページの制作をする人間は、一人しかいませんでした。彼は、
正社員ではなく(というか社員でもない)、仙台で新事業を立ち上げるため、
その資金を稼ぐために雇ったという感じです。どういうポジションかは
上手く言葉に出来ませんが、彼は、
「俺は業者」と言っていました。その人は、ホームページを作る「制作」
という部署の責任者という立場で、サイトのデザインやコーディング(簡単
に言えばサイトの編集とか更新とか)を担当していました。僕もサイトの
コーディングをすることもありました。彼は、「報連相」に関しては、
きっちりしていた人で、報告とかをしないとよく注意されていました。
分からないことを聞かなかった時にも、注意されました。これを
聞いたらどういう反応をするんだろうという不安の気持ちがありました。
しかし、彼は、注意した後も
「気にするな」とか
「自分を責めちゃいけない」と言ってくれました。

電話応対も多かったと思います。電話があったというのを「制作」の責任者
の人や社長に報告するのを怠ってしまった時もありました。理由は先ほど書いた
こう言ったらどういう反応をするだろうという理由です。別に、
「あ〜○○さんから電話来たのね。分かった。」みたいな感じで終わると
思うのに・・・・・。

時間は一応10時から19時までとなっていたのですが、23時30分までというのが
当たり前でした。23時30分までというのは僕はこの会社には電車で通っていた
ので、その電車の終電で帰りたいということで、23時30分まで仕事をして
いました。遅い日は2時とか3時までという日もありました。一番遅くて6時という
日もありました。

この会社は、12月分と1月の1日から23日までの分の給料が未払いになりました。
1月の給料日に、12月分の給料が未払いになったということを親に言うと、
「もう行くな。社長には、『会社にはもう行きません。給料を返して払って下さい』と言え」と言われました。しかし、そんなことを社長には言えませんでした。
理由は、3回目となりますが、これを言ったらどういう反応が返ってくる
だろうという不安の気持ちがあるからです。それに今までこの会社で働いて
いた人で未払いになった人が居たのですが、その人達は社長に仕事を頼まれたり、
まだ居てと言われたりして、すぐにパッと辞めることは出来なかったみたいだから
です。で、給料日の次の日、父親からは社長にもう会社には行きませんと電話して
ハローワークに行って仕事を探したり、紹介してもらいに行けと言われていました。
僕は自分の給料が未払いになる前に、前にこの会社で働いていた人で、給料が未払い
になった人が居るということを、打ち明けたのです。そしたら、父がハローワークの
インターネットの方で見られる求人から応募したい企業を選び、直接応募出来る求人
は応募して、直接応募出来ない求人はハローワークに行って紹介してもらおうという
風にしていました。

ハローワークでは、求人は直接ハローワークに行って探すことも出来るし、
インターネットから探すことも出来ます。インターネットから直接応募出来る求人も
ありますし、ハローワークに行って紹介をしてもらわないと応募出来ない求人も
あります。どちらにせよ必要なものがあります。直接応募する場合は直接応募する
手続きをする上で表示される「応募票」というもので、ハローワークに行って紹介
してもらう場合は、「紹介状」というものをもらう必要があります。

で、未払いになった給料日の次の話に戻りますが、先ほど書いた二つのことを
する他に紹介をしてもらう時に窓口の職員の方に給料が未払いになったということ
を相談しました。そしたら、あんまり覚えていないのですが、払われるまで働いた
方がいいと言われました。それとこの日は、前の日は会社には行かないけど、
いつも家を出る時間より早く起きなきゃと思っていましたが、予定よりも一時間
ぐらい遅く起きてしまいました。「制作」の責任者の人から僕の携帯に何回か
着信がありました。やばい、早く電話しなきゃ。怒ってるだろうなあと
思いました。しかし、怒ってるだろうなあと思ったというのを理由に、すぐに
電話をすることが出来ませんでした。それで、どうすることも出来ないまま
ハローワークに行ったというわけです。で、求人を紹介してもらったり、求人を
探したり、未払いの給料について相談をした後、「制作」の責任者の人に電話を
しました。そして、まだ会社に行っていない理由は祖母が具合が悪いから病院
に行っているとウソをつきました。実はこの頃より一年ちょっとくらい前から
父方の祖母が具合が悪く、病院に入院していました。この頃の僕は自分を守る
ことしか考えていませんでした。

その次の日からは会社に行きました。親には社長と給料未払いの話をしている
とウソをついていました。しかし、ある日僕の帰りが遅いことを不審に思った
のか家に入った後、母からの
「ちょっと来なさい」と言ったのが聞こえました。そして、最初は「制作」の
責任者の人と給料未払いのことで打ち合わせをしていたとかウソをつきました
が、いろいろと問い詰められたので、本当は仕事をしていたと言いました。
めちゃくちゃ怒られました。その後、「制作」の責任者の人に
「給料未払いになったからもう会社には行きません」と言いました。すると、
「分かった。会社のことは心配しなくていいよ」と言われました。その後
社長に電話しました。「何言ってるの!」とか言われるんじゃないかなと不安
に思っていました。同じように「給料未払いになったからもう会社には行きません」
と言うと社長は、
「もう会社には来ないってことね。分かりました。」と言って電話が切れました。
それは一月の末ごろの話です。

その後は仕事探しに専念しました。その後2月に新しい仕事が決まりました。
仙台市内のシステム開発をしている会社でした。今回もプログラマーです。

それと、未払い分の給料の請求に関してですが、労働基準監督署というところに
行けば必ず払ってもらえるというわけではありませんが、動いてはくれるそうです。
でも、その前に自分で会社に請求をしなければならないようです。で、次の会社に
入るまでの期間、実際に何をしたかというと労働基準監督署に相談に行っただけ
でした。で、何をアドバイスされたかというと、内容証明郵便という郵送したもの
(手紙とか)が相手先の分と郵便局に残す分と二枚綴りになっている用紙で、請求の
手紙を書いて送れと言われました。

その後、2月の末ごろに祖母が亡くなりました。悲しいですが、いろいろな思い出を
ありがとう。ゆっくり休んで下さいという思いです。

2月に決まった会社は3月からの入社でした。4ヶ月程の研修を経て、7月から別の
会社に出向という形で仕事を始めました。

あと、3月に内容証明を書けと父に言われたので、土日に書くことにしました。
僕は「外に行きたいのに・・・」という気持ちを何とか抑えながら、書いて
いました。書くのを後にして外に行っても内容証明のことが頭にあって何か
楽しくないなと思ったので先に書くことにしました。しかし、何回も字を
間違うので何回も書き直しです。そして、ついに早く外に行きたいという
気持ちを抑えきれずに
「わああああああ!」と大声をあげました。父が部屋に来てどうしたんだと
聞くと、僕は
「書く気になれない」と言いました。すると、父は
「じゃあ書くな」と言いました。結局、給料未払いの件は請求せずに
終わりました。

7月から出向した職場では、僕が出向になる前からここで働いていた
自社の先輩と、7月から僕と一緒に出向になった自社の社長が居ました。
作業的には社長と一緒なので、何か分からないことがあれば、社長に
聞けば良いのですが、これで4回目ですが、これを言ったらどういう反応が
返ってくるだろうという理由で、聞くことが出来ませんでした。あと、
終わりましたという報告をすることも出来ませんでした。そのことで、社長
に怒られたりしました。そんな状態が3ヶ月ぐらい続きました。

この状態を直さなければと思い、8月にカウンセリングに行きました。
これは親に内緒にしていたのですが、母親に知られると、東京にいい
カウンセラーの人が居て、「コミュニケーショントレーニング」って
いうのをやってるからと言われ、僕はOKしました。僕は参加したいという
メールを送ったのですが、人数が揃っていないので、すぐには始められる
状況ではないという返事が来ました。僕はすぐ出来ないのか参加したら
変われるかもしれないのにと思っていました。

9月の後半ぐらい
に、先輩に呼ばれ、
「お前はちゃんとやっていない。ちゃんとやれ」みたいなことを言われました。
その「ちゃんとやるか?」と聞かれ、はいと答えました。しかし、先輩は
「お前いつもはいって答えてるけどちゃんとやってないじゃん」と
言われました。実は、前に何回か、先輩に呼ばれて、注意され、ちゃんとやる
かという質問を受けてはいやりますと答えたというのが何回かありました。
その後、先輩は、
「お前がちゃんとやるっていう証明として、給料三ヶ月分預かる」と
言われました。僕は「えっ!?」と思いましたが、この会社で仕事を続けたい
という気持ちがあったので、はいと答えてしまいました。その日はお金は
渡さなかったのですが、何日かした後、渡しました。

その後、僕は以前と同じような状態が続き、社長からクビが言い渡されました。
僕はショックを受けました。お金は預けたままです。その二日後、正式な退職
の手続きをしました。クビだと言われた次の日や正式にクビになった後の一週間
は、親には仕事
をしているとウソをついて、職場の近くの公園で時間をつぶしていました。正式
にクビになって一週間ぐらいたったある土曜日に、外に行く予定があったのですが、
通帳を記帳してきなさいと言われやっぱり行く気がなくなったみたいなことを言う
と、不審に思った父と母が、僕を問い詰めました。数分後、僕がお金を先輩に
預けたというと、めちゃくちゃ怒りました。その会社を辞めたこともバレました。
母はカウンセリングはもう無理だねと言いました。実は10月のまだ、2社目の会社
に働いていた時に、東京のカウンセラーの人にメールで「コミュニケーション
トレーニング」のことを問い合わせたところ、トレーニングは始められる状況では
ないので、カウンセリングをするとのことでした。で、それから、先輩に電話を
したら、月曜日に待ち合わせをして、返すと言ったので、僕はホっとしましたが、
親は会った時にはしらばっくれて返してくれないかもしれないということで、
父も一緒に行くことになりました。このことは社長にも電話で話をしましたが、
知らなかった。それはまずいことだと言いました。

で、月曜日の朝に、母と一緒に僕が働いていた職場に行き、社長と話をしました。
母が僕が分からないことを聞いたりしなかったのは、これを言ったらどういう反応
をするだろうと不安に思っていたからだと説明すると、社長は言ってくれれば
いいのにと言いました。その後、12時30分に先輩と待ち合わせをする予定で、
父が先に待ち合わせ場所に着いたのですが、僕はほとんどギリギリになって
しまいました。そして、約束通り、60万は返されました。で、東京にカウンセリング
に行くことも決まりました。今回のことでは、これはどうしようみたいなことが
あれば、自分だけで、考えたりせず、誰かに相談して、どうすればいいかを一緒
に考えたほうがいいということに気づきました。なるべく何か相談したいことが
あれば、親の方がいいとは思いますが、特にお金とかそういう大きなこと
であれば、親に相談した方がいいということにも気づきました。

それからは仕事探しをしています。カウンセリングは10月の終わりごろから2週間に
一回のペースで行っているのですが、1月からは月に一回になりました。でも、
前と比べて大きく変わったという感じはなく、母に効果がないとか、行かない方が
いいよ。お金の無駄だもんと言われたこともありました。

それと、事件はまた起こりました。1月に12月に申し込んだ職業訓練の面接に
行かなかったというものですが。しかも、事前に電話で連絡もしていなかったので、
当日の朝に電話が来ました。開始の時間は10時でした。これは、面接当日より前の
週に母に何か面接あったっけ?と聞かれ、職業訓練の面接があると言うと、
職業訓練に面接なんてあるの?と機嫌が悪そうな感じで言ったので、これは行かない
方がいいかなと思い、その後、何か面接あったっけ?と父とか母に聞かれても、
ないと言ってしまいました。でも、面接は行くことにしていました。電話の相手
の人に、どうするんですか?来ないんですか?それとも辞退されますか?と聞かれ、
えっとえっとみたいになっていると、電話が切れました。僕の携帯にかかってきた
電話だったのですが、その後、家の電話にかかってきました。妹が出て、僕に具合
が悪いってことにする?と聞き、僕がうんと答えたので、具合が悪いので行けない
ということを言いました。すると、電話の相手の人に怒られたそうです。
その日の夜、朝のことを父と母に言うと、怒られました。母は、
「失敗をすることは当たり前。でも、その後の対処が大事」だと言いました。

次の日、電話をしてきた担当の人に謝りに行こうということで、家の近くの、
雇用能力開発機構の事務所に行ったのですが、担当の方は別なところに
居るという話でした。僕の相手をした人に対して、僕は
「ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。」と言うと、僕の相手を
してくれた人は、もう担当の人間にも話をしたからもうこの件は終わり。
もう気にしないで、言われました。で、担当の方が居るところに電話をすると
、担当の方はこの日は休みだということでした。代わりに電話に出た方にも
謝罪し、そちらに伺いたいというと、わざわざいらして頂かなくても結構です
と言われました。で、まあ、この件はとりあえず終了ということになりました。

・・・と、僕のことをつらつらと書いたような感じで申し訳ないのですが、最初
の方に戻ります。僕はウソをついて、チャットの人といつものように普通に
話していたということは、話していた人にとっては騙されたという気持ちで、
残念な気持ちや怒りの気持ちがあるでしょう。僕はそんなものすごくダメな人間
がもうそのチャットに行く資格はないと思っています。みんなを裏切ったと同等
のことをしているわけですから。ということを書いておきながら、
最近何回か行っていたので、矛盾はあると思いますが。何か、とってつけたような
というか何ていうか言い訳にしか聞こえないとは思いますが、僕はもう今までに
書いたような「事件」はないようにしたいと思っているのです。今の状態を打開
したいという気持ちがあります。それは本当のことです。何をしているかと言えば、
カウンセリングであったり、実際に人と会話をすることでもあったりします。
それは、仕事を探したり、面接を受けたりということを、しながら、時間を
見てしています。

今回のことは本当にごめんなさい!
そして、長くなってごめんなさい。

晴天&後悔



今日の仙台は、午前中晴れて気持ちが良かったです。
秋なのに七夕の吹流しがありました。だけど、心は
スッキリしませんでした。

先週の土曜日は、街に出かける約束をしていたのですが、
チャットの人と遊びに行くと言い出せず、行くことが出来ませんでした。
きっと楽しい時間を過ごせただろうと思うと、後悔の気持ち
でいっぱいです。先週、集合場所と決めていた仙台駅の中央改札口
の前に行きました。きっと色々と話をしていたんだろうと思いながら、
その場所を後にしました。

何で行かなかったんだろう・・・どんな話をしていたんだろう・・・
合流した時に、
「イメージと違う」とか、まあ、そういう感じの話をしていたのかな
とか考えながら、その人達が先週来た仙台を歩いていました。

休日の外出について

休みの日に、外に出たいなと思う時が、
ありますが、その時に、実際に外に出る
ことが出来ないというのが、ほとんど
です。何故かというと、親に、出かけて
きますと言っても、
「どこに行くの?」聞かれるからです。
友達と遊びに行くと言っても、
「友達いないでしょ」と言われるし、
ウソをついて「本屋に行ってきます」
とか何とかいうのも何か罪悪感を感じます。
なので、誰かと約束をしていても、キャンセル
になってしまうということがほとんどです。
眼科とか床屋とかそういう時は外に出ること
は出来ます。その帰りに僕の行きたいところに
行ったりしています。ちょっと、時間がかかると
電話がかかってきたりすることがあります。

何とかしようという気持ちはあるんですけどね・・・・・。

先週の週末

金曜日の夜、横になっていて、気がついたら土曜日の朝でした。
6時過ぎぐらいでした。ネットをして、9時30分くらいに朝食
をとりました。父も母も出かけていていないし、妹も寝ている
し、出かけられると思いました。しかし、食べ終わった後眠く
なり、寝てしまいました。起きたら午後2時でした。リビング
には、妹がいました。出かけてきますと言えませんでした。
遅い昼食をとった後、洗い物をしてまたネットをしていました。

午後6時過ぎくらいに、夕食でした。その後テレビを見ていました。
その後ネットをして、1時過ぎくらいに寝ました。

日曜日は、10時ちょっと前くらいに起きました。ネットをして、
12時ちょっと前くらいに昼食でした。その後、空き缶、ペットボトル
を捨てに行き、その後洗い物をしました。その後ネットをしていました。
日曜日は、父と妹が居ました。妹は午後出かけました。やはり、出かけてくる
と言えませんでした。

このままでいいのかな。眼科とか床屋に行くとかそういうことだったら、
行けるのに・・・・・。どうしよう、9月に大事な用事があるのに・・・・・。

おじさん

今日(土曜日)外に出て、本屋に行ったりしたのですが、家に帰る
途中であるおじさんに声をかけられました。
「○○ってあっちの方ですかね」と言われました。僕は
ああ、道案内かと特に心配はしていませんでした。おじさん
は広島の人でトラック運転手だと言うのですが、自分の会社
(だったような気がする)のトラックがあるかもしれないので
その場所に来てくれないかと言われ、一緒に行くことにしました。
僕はその場所に行った後何かされるんじゃないかと心配しました。
トラックがあるという場所まで歩きながら、おじさんは、
「この辺の人?」とか「仕事は何してるの?」とか聞かれました。
で、トラックがあるという場所に行くと、そこにはトラックは
ないらしく、来た道を戻りました。その途中で、おじさんは、
「貯金いくらもってるの?」と聞きました。僕が実際の額を言うと
「トラックがあったらいいんだけど、ないから、新幹線で広島まで
帰らないといけないけん。いくらぐらいなら大丈夫?」と聞かれました。
僕が「5千円ぐらい」と言うと、おじさんは、
「それだと広島までは行けないよ。話分かんないみたいだな」と言って、
同じ質問をもう一度しました。僕は今度は「一万ぐらい」というと、
「だからね。僕は乞食じゃないんだよ。プライド持ってるんですよ。」
と言いました。その後、僕は10万と言うと、おじさんは、
「それぐらいでしょ。別に50万貸してなんて言ってないんだよ」と言いました。
で、その後、途中のコンビニのATMでお金をおろそうとしたのですが、
知らない人にお金を貸してはいけないという気持ちが働いて、
僕は、「何でこんなことになるんだよ〜」と言いました。結局その時は、
お金をおろしませんでした。おじさんに呼ばれたのです。おじさんは、
「俺チョロチョロするの嫌いなんだよ。中途半端なことしないでくれる?」
と言いました。ここまでで何度か逃げなきゃ逃げなきゃと思いましたが、
走り去ることさえも出来ませんでした。その後、銀行に行ってATMで
おろしました。歩きながら、おじさんに、
「もう一回聞くけどいくらおろせるの?」と聞かれ5万と答えました。それで
OKをもらいました。5万でした。お金を渡すとおじさんは、
「5万なの?10万おろせない?」と僕に聞きました。最終的に、5万で
許してくれました。来週の土曜日の10時ぐらいにまた、今日トラック
が来ているか見に行った場所に来るそうです。その時にお金を返して
くれるそうです。でも、また貸してと言われないか心配です。それと、
口座のお金を勝手におろされるんじゃないかということも心配しています。
おじさんは、「貸した分は貯金して、俺のお金は使ってくれて構わないから」
と言いました。その後おじさんと別れました。

何か落ち込みました。今後こういうことがあった時に、どう対処すれば
良いかということを考えたいと思います。
Check

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM